墓じまいとは一体何!?墓じまいの基礎知識や流れについて

日本で増えている「墓じまい」とは!?

超高齢化社会の日本では「墓じまい」をする世帯が増えていますが、そもそも墓じまいとは何なのでしょうか。墓じまいとはズバリ、お墓を片付けて更地にしてしまうことを意味しています。更地にした土地は、お寺や管理会社に返却します。現代人のライフスタイルは人によって様々であり、生まれた土地で一生を終えられるとは限りません。また遠く離れた田舎にお墓があり、維持管理が大変になってくるケースも増えています。お墓に対する価値観も変わりつつあることも、墓じまいが増えている理由だと言えるでしょう。なお墓じまいをする時は、遺骨をどこに移すかという点も考えなければなりません。永代供養、手元供養、散骨などの方法があるので、どれが一番良いのか家族や親せきで話し合って決める必要があるでしょう。

墓じまいの流れや手続きについて

墓じまいをする時は、まずは全ての親戚の同意を得ることが重要です。もし親戚に無断で墓じまいを実行に移してしまった場合、後でトラブルに発展する場合があります。お墓は家族や親族の想いが詰まっているため、事前に必ず同意を得ておきましょう。そして墓地の管理者に墓じまいをする旨を伝え、必要に応じて専用書類を提出します。さらに納骨堂へ遺骨を移す場合は、改葬許可申請の手続きを行わなければなりません。申請書は、墓地のある市区町村の役所でもらえます。その後は墓の撤去の行う石材店を探し、見積もりを依頼しましょう。内容に問題なければ契約し、墓じまいの作業に入ってもらいます。

少子高齢化が進む中で墓の管理が難しくなり、「墓じまい」を選択する人が増えています。墓じまいの費用は10万円から20万円が一般的な相場です。