どんな働き方?在宅ワークのメリットとデメリット

身近になった在宅ワーク

インターネットの発達により、在宅ワークは身近な働き方になりました。

個人事業主としてネット上で仕事を請け負う人もいれば、企業の制度を利用して、会社員として在宅ワークを行う人もいます。

まとまった時間が取れなくても働けるというメリット

例えば家事や育児、介護など、長時間家を空けるのが難しい事情がある人が働く手段として、在宅ワークは有効です。オフィスに出かけて仕事をするとなると、家で何かあっても咄嗟に対応することが難しくなります。自宅で仕事をしていれば、そういった問題が解決できます。

他にも、地方や海外で生活していて、自宅周辺で仕事を見つけられなかったり、障害があって通勤が難しかったりという場合にも、在宅ワークが解決策となります。

様々な理由で働くことに困難を抱える人が、在宅ワークによって、就業の機会を得ることができます。

ルールの徹底等が難しくなるというデメリット

在宅ワークには、メリットだけでなく、デメリットもあります。

いつでも、どこでも働けるというのはメリットでもあるのですが、どこにいても仕事から離れられないというデメリットにもなり得ます。結果としてオーバーワークに陥ってしまったり、公私の区別がなくなってしまったりする恐れがあります。

働き手が個々人の仕事を管理する中で無理が生じてくるというだけではありません。企業側が、例えば労働時間を過少に見積もるなど、制度を悪用するといった可能性も否めないでしょう。

在宅ワークのメリットを活かすためには、デメリットを回避するためのルール作りも不可欠となります。

在宅のコールセンターは会社に行かずに家の中で電話を使った仕事ができます。お子様が小さい主婦の方でもできる仕事です。