高いのになぜ使う?省エネルギーと長持ちののメリット!

少ないエネルギーなのでエコに使える

自宅で利用する照明器具として、これまでは白熱電球と蛍光灯を使っていました。一般の部屋は丸型蛍光灯を使い、玄関やトイレなど一部で白熱電球を使っていました。蛍光灯は白熱電球に比べるとかなり省エネルギーとされていますが、さらに省エネルギーのアイテムとしてLEDが出てきました。白熱電球に比べるとかなり電気代が安くなるとされています。ネックとしては初期投資になるでしょう。白熱電球が一つ100円程度に対して、LEDの電球は安くて数百円、高ければ数千円します。ただ、ランニングコストを考慮するといずれLED電球が追い抜く計算になるので、導入した方がお得と言えるでしょう。1日のうちでよく使う部分は特にLEDを導入した方がいいかもしれません。

一度取り換えるとしばらく取り換えなくて済む

多くの照明器具は天井に取付けます。天井が手に届くような低い住宅だと住みにくいです。天井はそれなりに高いところにあります。照明器具も天井付近に取付けてあるので、普通に手を伸ばすところには照明器具はありません。照明器具を取り換えるには、脚立などを用意しなければいけませんでした。LED電球を使うときももちろん脚立が必要になります。しかし大きなメリットがあります。それは、交換の頻度が大幅に減らせるところでしょう。白熱電球や蛍光灯に比べるとかなり寿命が長くなります。寿命があまりないままに使えなくなったときは、メーカーに送り返すと保証期間以内なら同じものを送ってもらえます。取り換える頻度が減れば、購入時の負担も減ります。

LEDライトパネルは、LEDライトを搭載したパネルのことです。夜でもパネル部分が光るので見てもらいやすくなります。