知っておきたい!CADの主な特徴と活用する利点

CADに関しての基礎知識

CADと言いますのは、コンピューターを活用して設計のための必要な作業を実施することを意味します。前までは設計のための必要な作業を手書きで実施していました。しかしながら現代では、手書きの手間のかかる作業をコンピューターによりましてスピーディーに正しく敢行することがほとんどになっています。ほとんどの企業では、会社の業務上において、コンピューターを活用してCADを有効に活用することが当たり前になっています。

CADの特徴及びメリット

CADの特徴は、まず第一に、CADを使用した作図は、どんな人でも手軽にできるところです。特別のスキル、あるいはトレーニングを積みあげることは不必要です。どんな人が作図しても、同一の線、さらに同一の文字を記すことができます。これに加え、文字、あるいは線の修正が簡単に出来るようになります。消しゴムに関しても不要であるから、消しカスが現れません。しかしながら、印刷して訂正すべき所が見つかったら、CADのためのソフトウェアを起ち上げ修正し、データー数値を保存してもう一回印刷することが必要であるので、ある程度手間がかかります。ほかにも、記した図面の受け渡しに関してもコンピューター間ですることができます。その上、CADはデータによって図面を管理することが出来ます。データー数値を自由自在にコピーできるようになっているため、修正する前と修正した後のデーター数値を両方取り置きしておくことも簡単です。データー数値を破棄することも手間なくできます。取り違えてデータを消去してしまうと物質的に後々に残らないので、気を付ける必要があります。

給水工事の申請書作成に特化したソフトが水道CADです。立面図を作成すると平面図を自動生成してくれるソフトとかいろいろ出ています。各自治体の書式に対応したソフトもあります。省力化に有効です。