墓じまいってどうすればいいの?その方法とは

お墓の中身を把握して、行き先を決めよう

墓じまいをするにはまず、お墓に誰の遺骨が入っているのか、その量、骨壺の大きさや破損・汚染の状況などを確認してください。骨壺に名前が書いていない場合もありますから、わかったらマジックペンなどで書いておくといいですね。その後は、遺骨をどうするのかということを決めなければなりません。永代供養や散骨、納骨堂へおさめるなど色々な方法がありますから、それぞれに合った行き先を選択しましょう。

お墓や霊園に墓じまいすることを伝えよう

大体の行き先が決まったら、お墓や霊園の管理者に墓じまいすることを伝えてください。書類などが必要なこともありますので、電話で連絡するかホームページなどをみて確認しましょう。また、親せきなどに墓じまいする旨を伝えて納得してもらうことも、あとからトラブルにならないために必要です。

骨壺を取り出して墓を撤去しよう

墓の撤去は一般的に墓石屋にお願いすることになります。安く撤去したい場合は何社かに見積りを頼んで比較するといいでしょう。撤去業者が決まったら、墓の中から遺骨を取り出します。遺骨は湿気を含んで溶解していたりカビが生えているということも珍しくはありませんので、新しい骨壺に移したりする必要があります。永代供養をする場合は、骨壺から水を抜いてキレイにするぐらいで構いませんが、散骨する場合には乾燥や、骨を砕く作業が必要ですので、専門業者に任せてしまった方が無難でしょう。そのあと墓石を撤去して更地に戻したら、墓地などの管理者に永代使用権を返却して墓じまいは完了です。

墓じまいとは、お墓を守る人がいなくなってしまったり、お墓の場所が遠くてお墓参りに行けないなどの理由で、遺骨を他のお墓へ移転または永代供養墓地に改葬し、今までのお墓を解体・撤去するすることです。