目立ちやすさと好印象の両立を!バナースタンドの上手な使い方

バナースタンドの宣伝効果と目立たせる工夫

バナースタンドは据え置き型看板の一種で、薄いパネルやスクリーン生地を支柱で支えた簡素な構造が特徴です。通常の看板と比べて安価で作成出来る他、軽量で扱いやすいことから手軽に使用出来る広告媒体として普及しています。また、バナースタンドは広告部分の入れ替えが容易な他、支柱に照明やスピーカーなどを取り付けることも出来るので他の看板類との差別化を図ることも出来るようになっています。バナースタンドは持ち運びがしやすいので狭い場所に置いたり、壁掛けや宙吊りなど変則的な使い方も可能です。また、スタンド台の材質によってはLEDパネルと入れ替えることも出来るので、より目立ちやすい看板として使うことも出来る利便性の高さを持っています。

見る人に不快感を与えない宣伝の工夫

バナースタンドは扱いやすい広告媒体として様々な業種で広く用いられています。広告は商品やサービス、催し物などを効果的に宣伝する効果がありますが、方法によっては見る人に不快感を与えてしまう可能性があるのでデザインには細心の注意を払うことを心がけます。バナースタンドは主にスクリーン生地に宣伝内容を印刷して支柱に張る構造ですが、置き場所によっては様々な角度から見えてしまうので特にデザインや配色には気を配ります。文字や記号が印刷されているスクリーン生地は裏側から見ると全く違った意味になってしまうこともあるので、軽量の板で目隠しするなど誤解を避ける配慮が必要です。また、照明やスピーカーなどの補助設備もバナースタンドの使用場所を踏まえて使用の有無を判断するのが宣伝する側に求められる姿勢です。

バナースタンドは、軽量かつコンパクトな状態で持ち運びが可能なので、設置や撤収を素早く行える点が魅力です。